ゴルおた !(^^)!  ~男飯とちょっぴりゴルフネタ w ~

【MOIマッチング】これ、やらなきゃ損だと思いますよマジで(笑)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どーしよーかなぁ。。と、一応悩んでみる(笑) 


フェースプログレッションについて



この前は、ユーティリティについて書きましたけど

今回はアイアンとウェッジについて書いてみます

FP2

左側が以前好んで使っていた靴べらみたいなアイアン(笑)



フェースプログレッション値(FP値)が大きい(長い)

いわゆるストレートネックと言われるタイプ






右側が今使っているトップブレードも厚い、楽ちん?なアイアン

FP値が小さい(短い)

いわゆるグースネックと言われるタイプのアイアンです





左は3番アイアン。右は5番アイアン。

左右共にロフト角は同じです(23度)










ちなみに。。


上の写真は、比較しやすいように寸法を合わせてますが

ほぼ実寸で比較するとこんな感じです

FP原寸比

左、ヘッドちっさ

右、ヘッドでかっ(笑)












フェースプログレッション値で比較すると(左)

FP3.jpg
<お借りしました>


こんなイメージになるらしいですけど。。。

限定ってww











ちなみに


重心距離が短いほうがヘッドは返しやすくなりますから

捕まえやすくはなりますけど


短いより長い方がたぶん飛びますよw















あれ。。。。


そんなことを書きたいわけじゃなかった(爆)






というわけで

太もも_7



続きを




FP1.jpg
<これもお借りしました>




フェースプログレッション値の大小(短(爆))で

球の高さも方向も変わるんですよね








球の位置もアドレスも変わりますからね

太もも_6

あ、間違えた(爆)












FP4.jpg
<これもお借りしました>


上がFP値が小さい=いわゆるグースネックのウェッジの場合

<昔はジャンボや青木も使ってましたから

グースネックのウェッジも普通に売ってましたけど

今はあまり見かけないですかね>




下がFP値が大きい

=いわゆるストレートネックというか出っ歯というかアメリカンタイプというかw

のウェッジの場合です







ユーティリティの記事  でも書きましたけど

球をやや右に置きたい私としては 魅力的かも







52-08.jpg

これは以前使ってたボーケイ

FP値大=アメリカンタイプのいわゆる出っ歯





ボーケイ

こっちの方がわかりやすいかもしれません









こちらは

10thアニバーサリー2

今使っているボーケイ(10th アニバーサリーモデル)







同じボーケイなんですけど

400シリーズを踏襲しているらしいのです

<200シリーズが人気あったので
ほぼ同時に発売された400はほとんど見かけません>


となると、ややグース=FP値がやや小さいはず





出っ歯タイプの時は

フェースを開かないと構えられませんでしたが(開きやすいともいうw)



今はたしかに

まっすぐ構えやすいっちゃ構えやすいですかね




C30.jpg


これはフォーティーンのC30というウェッジ

明らかにグース。。。








突然フェースプログレッションとグースが混ざりはじめましたが(笑)


グースネック

<またまたお借りしました>



<↑ 混乱するし(笑)>






難しく書くと

グースはフェースプログレッションからホーゼルの半径を引いた値に対応しているので

まぁ。。同じようなもんです(爆)






ブロ友のしんしんさんが使っている

ミズノMP-G4もセミグースですね








球が沈みやすい、洋芝の場合は

出っ歯=アメリカンタイプの方が球を拾いやすいですが




球が浮きやすい、高麗や野芝の場合は球が浮くので

グースがあった方が合ってるんですよねぇ。。。。







昔、はじめて買った。。

というか買わされたアイアンもグースだったからかなぁ


それでゴルフ覚えたしなぁ。。。













今のボーケイも構えやすいっちゃ構えやすいんですけど。。。。ね

太もも_7

どーしよーかなぁ


関連記事

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。